dentistry

お口の健康を通じて幸せに

呉記念病院では、外来でのむし歯・歯周病・義歯(入れ歯)の治療、予防・メンテナンスに加え、お口の乾く方・飲食物の飲み込みに問題を抱えている方・車椅子等での通院が困難な方々の治療・口腔ケア・オーラルリハビリテーションにも力を注いでいます。

お口の健康を通じて、患者様に幸せになっていただくことを目指しています。

  • 一般歯科(むし歯・歯周病・義歯)
  • 口腔ケアオーラルリハビリテーション
  • 訪問歯科診療(往診)

外来歯科診療時間

診療時間 日・祝
9:00~13:00 9:00~12:00
14:00~16:30 (往診) (病棟診察)

【休診日】
日曜・祝日/火・木・土曜午後
▲土曜午前は休診の場合があります。事前にご確認ください。
※火曜・木曜の午後は、往診と病棟診察です。

【診療予約・お問い合わせ】
TEL:0823-70-3201(歯科直通)

診療内容

有病者や車イスでの歯科診療に対応!

院内はバリアフリー設計ですので診療室までスムーズに移動でき、歯科ユニットに移乗することなく車イスのままで診療を受けていただくことができます。
一般の歯科医院では受診の難しい、

  • ペースメーカーを使用している方
  • 日常的に多くの薬を服用されている方
  • さまざまな持病をお持ちの方

においても病院内に併設している当歯科であれば診療が可能です。

使いやすい義歯(入れ歯)の作製!

多くのご高齢者にとって義歯(入れ歯)は、日常生活において欠かすことがでません。その方にフィットしていないと義歯としての機能や使用感は大きく低下します。当院では保険適用の義歯・金属床義歯、ノンクラスプやシリコンデンチャーなど機能性と審美性の高い義歯も取り扱っております。普段お使いの義歯も定期的なメンテナンス・調整が必要ですのでお気軽にご相談ください。

病院ならではの特殊歯科診療まで!

むし歯や歯周病の治療や予防、口腔内の衛生環境を維持するための口腔ケアはもちろんのこと、

  • 飲食物の飲み込みに問題を抱えている方への飲み込み支援
  • 歯周病に起因した誤嚥性肺炎の予防
  • 栄養サポートチーム(NST)による多職種連携治療

ご来院できない方のための訪問診療!

身体的理由により通院が困難な方を対象に往診を行っております。
往診対応エリアは呉記念病院から半径16キロメートルと決められております。
時間帯はご相談に応じております。まずはお問い合わせください。
※基本的に、関連施設や当院退院後の患者様を対象に訪問診療を行っております。
ご希望に添えないこともございますので、ご了承ください。

歯科部長紹介:栗原茂 日本老年歯科医学会認定医

-歯科診療における特徴は?

外来の患者様だけでなく、入院患者様の診療や訪問診療も行っています。特に病院内の歯科ということもあり、ご高齢の方・お身体の不自由な方・車イスの方など、一般の歯科医院では受診の難しいような患者様の診療が多いのが特徴です。車イスの方の場合は、車イスのまま診療するなど、患者様の負担にならないように気を配りながら診療しています。

-診療で大切にしていることは?

歯や口の役割は、快適な暮らしや豊かな食生活など、幸せな生活を送るための必要条件だと考えています。苦痛の無い生活を送っていただけるよう、患者様にしっかりと寄り添って、より良い治療の着地点を見出すのが歯科医師の努めだと思います。特に、ご高齢になるとさまざまな病気や身体の問題で苦しまれていますので、歯やお口の中だけでもストレスのない状態にしてさしあげたいですね。

-歯やお口のことで知っておいて欲しいことは?

むし歯や歯周病になってしまうと、治療には痛みが伴いますし、自分の歯を失ってしまうこともあります。悪くなってから必ず後悔しますので、常日頃から予防の意識を持っておいて欲しいです。

ご家族の方に知っておいて欲しいことは歯周病と誤嚥性肺炎についてです。歯周病は口臭や歯を失うだけではなく、高齢者の死因の第3位『誤嚥性肺炎』を引き起こす原因にもなっています。歯周病が、さまざまな病気を引き起こす原因になる病気だと認識してください。
『むせる』『口の中が乾いている』『食べ物を上手く飲み込めない』という症状も誤嚥性肺炎のサインかもしれません。お早めに当院へご相談ください。

-今後の目標やミッションは?

できる限り痛みや負担の少ない、質の高い治療ができるよう学会や研究会にも積極的に参加しています。一人でも多くの患者様と関わり、沢山の笑顔を見ていくことが歯科医師としての幸せでもあります。歯科は単独で存在するものではなく、身体の健康を守るための手段の一つです。他科・多職種と更に連携を強化することで、患者様の健康を複合的にお守りしていくことができればと思っています。

【略歴】
平成30年7月 日本老年歯科医学会認定医取得
平成29年10月 前歯でも噛める入れ歯研究会認定医取得
平成26年4月 福岡歯科大学付属病院
高齢者歯科専修生
平成17年11月 医療法人啓華会
おおせくじら歯科分院 院長
平成13年4月 福岡歯科大学附属病院
口腔治療学講座歯周病学分野入局
平成12年4月 高齢者・障害者歯科学分野研修医終了
平成12年3月 福岡歯科大学卒業
【終了認定】
  • 平成12年度臨床研修医
  • ブローネマルクインプラントコース2002
  • ITIデンタルインプラントコース2005
  • ストローマンデンタルインプラントコース2008
  • 船越歯周病学研修会ベーシックコース2004
  • 船越歯周病学研修会マスターコース2008
  • 歯周組織再生誘導材料研修コース2004・2005
  • 福岡臨床補綴研修会2009

前歯でも噛める入れ歯

副院長は「前歯でも噛める入れ歯研究会」の講習を修了しています

前歯には、食べ物を噛み切るという、重要な役割があります。しかし、前歯がない、もしくは歯が弱くなっていると、奥歯だけで噛んでしまい、歯が摩耗してしまう恐れがあります。すると、咬み合わせのバランスが崩れ、顎関節症やお口の中の粘膜を傷つけてしまいやすくなるのです。
当院の副院長は、福岡市在住の歯科医師、河原英雄先生が開催する『前歯でも噛める入れ歯研究会』の講習を修了しており、りんごや煎餅も前歯で噛み切れる入れ歯をめざしています。前歯でも噛めるようになるには、半日か場合によっては一日一度お預かりして入れ歯を調整することが必要です。お問い合わせください。
当院の入れ歯製作や調整は、精密さにこだわり、入れ歯をご自身の歯として、患者様が食事や会話をいつまでも楽しめるようにサポートしてまいります。

院内風景

歯科医師

治療に関する事のみならず、飲み込みにくい・むせる・口が渇くなど何でもご相談ください。患者様にとって、より良い治療・リハビリをご提案いたします。

歯科衛生士

歯や歯茎のチェックや、歯のクリーニングなどを行い、歯科医師の診療補助を行っております。また当院に入院中の患者様の口腔ケアでは、中心的な役割を担っています。

バリアフリー設計

段差のないバリアフリー設計ですので、入口から診療室までスムーズに移動できます。

車イスのまま診療

歯科ユニットへ移乗することなく、車イスのまま診療して、身体へのご負担を軽減しています。

歯科用タービンの滅菌

歯を削るタービンは、患者様の治療毎に取り外し、滅菌処理を行っています。

歯科治療基本セット

患者様のお口に入る治療機器は滅菌パックして、衛生管理と感染予防に努めています。

炭酸ガスレーザー治療器

高度医療器の炭酸ガスレーザーを使用した治療にも対応しています。

AED(自動体外式除細動器)

スタッフ全員が救急救命講習を受講していますので、もしもの場合もご安心ください。

血圧モニター

外科処置などでは、治療中の血圧と酸素を計測し、お体の状態をモニターしながら行います。

口腔外バキューム

歯科治療によって生じるエアロゾルを吸引し、院内感染防止に最大の注意をおこたりません。

ムーカス

お口の乾燥度合を観測します。お口が乾く(ドライマウス)と、様々な悪影響を及ぼします。(口腔機能低下症)

舌圧測定器

舌の圧(力)が低下すると食物を咬み砕いたり、飲み込んだりするのが難しくなります。(口腔機能低下症)

総合受付歯科直通アクセスTOP