TOPICS

褥瘡委員会 ~中国地区在宅褥瘡セミナー 研修参加報告~ 

令和1年10月19日に島根県の松江赤十字病院で開催された中国地区在宅褥瘡セミナーに参加してきました。

テーマは褥瘡の治療でしたが、褥瘡は深く広いテーマなので新しい知識を得ることが出来、有意義な時間を過ごすことができました。

その中でも褥瘡が形成された時、毎日の局所観察によって状態を知るということが一番重要であること。感染面の事を考えるように重要視するということを学びました。

今回学んだことを病院全体で共有し褥瘡の治療や対策に活かしていきたいと思います。

 

※褥瘡とは一般的には床ずれと呼ばれており、長い間、皮膚に圧力が加わり、血流が悪くなり、皮膚表面の組織が壊死や潰傷をきたした状態です。褥瘡予防には、多職種でのアプローチが必要です。褥瘡委員会では、多職種で連携し、褥瘡の予防、治療に取り組んでいます。

総合受付歯科直通アクセスTOP