褥瘡委員会 ~LACスクール 研修参加報告~|回復期リハビリテーション・整形外科・リハビリテーション科・療養病棟・歯科など|広島県呉市郷原町と東広島市黒瀬町の境界に立地

採用情報

呉記念病院 外来・入院・回復期リハビリテーション・介護

0823703200
0823703201
0823703211
〒737-0161 広島県呉市郷原町2379番地42

部門からのトピックス

褥瘡委員会 ~LACスクール 研修参加報告~

部門からのトピックス 2018年07月12日

平成30年6月17日(土)にてLACスクールの「脳卒中患者の回復を促すベッド上のポジショニング」の研修に参加してきました。

ベッドの上で身動きが取れにくい方は“床ずれ”を発生させやすい為、当院でも床ずれ予防としてさまざまな対応を取っていますが、今回の研修内容でもあるポジショニングによる姿勢変換が課題となっています。従来のポジショニングでは、ベッド上の安静姿勢をとることを重点に姿勢変換を考えていました。今後は少しでも対象者が姿勢交換に対して痛みやストレスなく自然に動かすことを重点に行っていきたいと思います。

 

 

 

※褥瘡とは一般的には床ずれと呼ばれており、長い間、皮膚に圧力が加わり、血流が悪くなり、皮膚表面の組織が壊死や潰瘍をきたした状態です。褥瘡予防には、多職種でのアプローチが必要です。褥瘡委員会では、多職種で連携し、褥瘡の予防、治療に取り組んでいます。

 

ページトップへ